top of page

【レコード】ULTIMATE BREAKS & BEATS【UBB】


レコードは魅惑の円盤。というのは昔知り合ったDJがつぶやいた一言なんだけど、レコードは買い始めたらあれもこれも欲しくなる不思議なものなんだ。

今でこそストリーミングがあるけど、俺は「これはレコードで欲しいな」と思う時は買うようにしてる。


タイトルにある通り今日は「ULTIMATE BEAKS & BEATS」というレコードのレビュー。略してUBB。ひと昔のDJやビートメイカーなら必ず持ってる名盤。


なぜ今さらこれをお勧めするのか、実体験に基づいてその理由を解説する。

「レコード 1枚も持ってない人」も「UBBくらいもう持ってるよってブラウザバックしようとしてる人」も是非見てってほしい。

この記事の目次

 
  1. ULTIMATE BREAKS & BEATSってなに?

  2. 収録されてる曲

  3. なぜ人気になったのか

  4. UBBの良い所

  5. サブスクでも視聴可能

 
ULTIMATE BREAKS & BEATSってなに?

要するに、いろんなアーティストの良い曲だけ集めたコンピレーションアルバム。

びっくりするのが収録されてるアーティスト側に一切許可取っていなかった。

いわゆるブートレッグ(海賊版)とかその類になる。

今だったら絶対ありえないと思うんだけど、当時皆こぞって買ってかなり売れていたそう。

2022年になってもUBBのグッズは出るし、ニッチだけど、すぐに売れ切れになる辺り日本でも熱狂的なファンは多い。


UBBシリーズは1986年~1997年までに発売された全25作品。

2003年~2008年はCD化やコンプリードボックスなども再販もされている。

実は幻の26作品目も存在しているって話もあったりなかったり。

販売元がStreet Beat Records、品番はSBR○○になっている。


収録されてる曲

収録曲は1966年から1984年に発売されたファンクやソウル、ロックなどが多く収録されている。具体的にはJames Brown、Rolling Stones、Tom Jones、Roy Ayers、Funkadelicなど豪華なアーティストで編成されているが、ブートレッグ故にレコードには曲名しか記載されずアーティスト名は記載されていない。


なぜ人気になったのか

UBBがなぜここまで人気なのかというと、収録されている曲の多くはドラムブレイク、つまりドラムのソロパートが含まれており、このレコードさえあれば、複数種類のカッコイイ生ドラムを誰でも簡単にMPCにサンプリングすることができた。

また、DJは2枚使い用のネタとしても重宝された。


SBR503に収録されている「Apache」のイントロはHIP HOP好きなら擦り切れるほど聞いたことがあるはず。USの有名プロデューサーもこぞってサンプリングしていたんだけど、UBBからサンプリングしたって言わないことが多いらしい。


しかし、UBB製作者のLouis Floresはレコード作成時に、オリジナル楽曲よりわざと回転数を変えたり、ノイズが入っている位置を覚えていたから「この曲はUBBからサンプリングしたな」って識別できたらしい。超人すぎやしないか。


UBBの良い所① 安く手に入る

UBBシリーズのLPは比較的安く手に入れることができるんだ。

どのくらい安いことなのかってことを解説するんだけど、まず中古で1枚500円~1500円ぐらいの価格。中古レコードの中でも安い部類に入ると思う。

スタバの高いコーヒーか横浜家系のラーメン1杯と値段は変わらないじゃないか、という食べ物換算の発想。


じゃあ、もしUBB収録曲を別々のレコードで買ったらいくらぐらいになるのか、換算してみた。例えば、SBR503の収録曲をDiscogsで調べた中古相場は以下。

  • GOT TO BE REAL - $25

  • APACHE - $15

  • DANCE TO THE DRUMMER'S BEAT - $10

  • BONGO ROCK - $15

  • GIVE IT TO YOU - $20

  • PUSSY FOOTER - $5

各曲を別々に購入した場合、合計で$80=約9,000円。

SBR503は500円だから、8,500円もお得に買える。UBBさまさま。


逆に下取り価格も安くて、SBR503(未開封)をdisk Unionで下取り価格を聞いたところ、買取価格100円~500円。理由は流通してる量が多すぎるとの回答。期待はしてないけどっ!

UBBの良い所② どこのレコードショップでも買える

disk unionとHMV、あとヤフオクで購入したことがある。

大量に作られたものだから、2022年現在でも中古もそこそこ良い状態で残ってる。

どこか繁華街に出かけて、たまたまレコードショップがあって入ってみたら見つかる。

そのくらい高確率で出会える可能性がある。ハンパないエンカウント率。

場所はHIP HOPコーナーのV.Aコーナーでよく見かける。

中古品なので購入する際は、ジャケットとレコード自体の状態を選んで買うことをお勧めする。


UBBの良い所② アートデザインが素晴らしい

一部無地もあるけど、ほとんどのジャケットに描かれているアートが素晴らしいと思う。

UBBがここまで人気なのは、このアート+音楽と言っても過言じゃない。実際、俺もこの絵が描かれてなかったら、買ってないと思う。

この絵はよく見るとかなり手が込んでいて、スプレーで書かれた部分とペンと筆で書かれような印象。ちなみに作者は不明。

人気のジャケットアートはフィギュア化されてプレミアム価格になっていたり、2022年にはSakaiとコラボしてアパレルをリリースしている。

(プレミアム価格18万でくらい)


サブスクでも聴くことはできる

とりあえず、どんな曲が入ってるか気になるならSpotifyでも聴くことができる。

ただ、Spotifyに登録されているけど「日本だと再生できない楽曲」や「そもそも登録されていない曲」が存在するので、レコードと完全に同じプレイリストの再現ではないのは要注意。


Spotifyのプレイリスト

サブスクはあくまでサービスの利用権を買ってるだけなので、サービスが終了になったときや、会員ではなくなったときに音楽を聞けなくなる。これがサブスクの弱点。

月額980円×12カ月=年間11,760円払っても一切自分の資産にはならないところはレコードの方が優れてる。


ということで、UBBのレコード版の紹介でした。

DJ歴長いけど持ってない人も、インテリア好きにも、これを機にレコード買ってみたいって人にもお勧め。多くの人にとって満足度の高い買い物になると思う。


Comentarios


bottom of page